close

  • ホーム
  • 学校案内
  • 施設・設備
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報

創英ニュース

シリーズ冬期講座Ⅰ期/vol.5 高校2年生 化学+高校3年生 生物

最終日の本日は2本立てです。
まずは高校2年生の化学です。
この講座では来月行われる1月の進研模試に向けて演習を行ってきました。
12月の中旬にオリジナルテキストを配布し、予習をしてきてもらっています。
気体の状態方程式、結晶格子の問題をはじめ、化学基礎の内容も復習を行いました。

化学は暗記ではなく理解することが大切で、人に説明できるような確かな知識が必要であるということを繰り返し伝えてきました。曖昧に覚えてしまっている単語の意味を説明させたり、関連事項について考えさせたりと知識を定着させそれを活用することに重点をおきました。

本日は最終日ということで生徒にアンケートを実施しました。
参加したすべての生徒が、復習を続けていきたい、この分野が得意になったなど、今後の学習につながる肯定的な意見を書き込んでいました。

続いて高校3年生 生物です。
①本講座では,大きく以下の2つの内容を取り扱ってきました。
①教科書後半部分の分野の典型計算問題攻略(初日~3日目)
生物は教科書範囲を終えるのが受験直前となるため,演習がどうしても不足する「集団遺伝」などについて入試問題演習を行いました。
 ②教科書全範囲の実験考察問題演習(4日目~5日目)
  生物の問題には,教科書に書いてある知識をそのまま答えるのではなく,初めて見るような実験についての文章,図表,グラフなどを読み解き,考えて結論を導き出す問題が存在します。そのような実験考察問題について,実際の入試問題を使って「目のつけどころ」を意識しながら,探究力を鍛えました。

②最終日である本日は,先日大学入試センターから公表された,「大学入学共通テスト」の試行調査(プレテスト)の問題にチャレンジしました。思考力や判断力を試される良問が多く,受講者は頭を悩ませながらも一生懸命に取り組んでいました。

③生物といえば「暗記科目」というイメージがあるかもしれません。実際,覚えるべきところはしっかり覚えないとなかなか点は取れませんが,それだけでは面白くありません。教科書に書いてある知識を活用して探究し,新しいことを明らかにしていく。それが生物学の醍醐味だと思っています。今回の講座で扱ったような実験考察問題は,先人たちが頭を悩ませながら探究した過程を,受験生に追体験させるものです。入試対策としても大事ですが,ぜひとも楽しみながら取り組んでいって欲しいと思います。

本日でシリーズ冬期講座Ⅰ期は終了です。次回は春期講座です。お楽しみに。
新学期も部活動の報告や入試イベントについてなど様々な情報をお届けします。

(2017年12月28日)

  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 学校案内