close

  • ホーム
  • 学校案内
  • 施設・設備
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報

創英ニュース

中学 期末試験が終わって冬支度

 

期末試験が本日終わりました。中学生のフロアーには、中学2年生が関西歴史研修旅行で買ったお土産『なで牛』が飾られており、生徒のみなさんが試験で力を発揮できるよう見守っていました。この『なで牛』は、学問の神様:菅原道真が祀られている北野天満宮ゆかりのもので、お牛さんを撫でると頭がよくなると言われています。テスト前にお牛さんの頭を触って気持ちを落ち着かせる人、お牛さんを撫でた後に自分の頭も撫でて願をかける人。これまでコツコツと積み重ねてきた努力を信じて、多くの人が『なで牛』の頭を触りました。もちろん、大切なのは自分自身が意欲的に勉強に取り組み、何度も復習して知識や考え方を定着させることなのですが、時にはそんな願掛けも取り入れて前向きに試験に臨んでみるのも面白いですね。

また、本館真ん中の吹き抜けコーナーは、クリスマスを意識した飾り付けがなされました。ガラスには可愛らしいシールが貼られ、ツリーは青と金のライトが飾られてキラキラと輝いています。そう、冬は空気が澄んでいるので星がくっきり見えたり、温かな明かりが家のあちらこちらに灯される季節。これで、横浜創英中学校のフロアーも、すっかり冬モードとなりました。みなさんも、時にはゆっくり深呼吸をして周りを見渡し、道端の植物や旬の食べ物などから季節の移り変わりを感じてみてくださいね。

ちなみに、本館1階の入り口に飾られているのは、本校の園芸部が手作りしたクリスマスリースです。扉を開ける人が「あっ‼」と足を止めて眺めてしまう、可愛らしいリース。こちらも是非チェックしてみてくださいね!!

(2017年12月06日)

  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 学校案内