2019.03.17卒業生インタビュー④~山本さんの巻

卒業生インタビューの4人目は、吹奏楽部の副部長を務めた山本さんだ。部活と勉強をしっかり両立させ、見事、一般入試で立教大学社会学部に合格した。どんな苦労があったのか、聞いてみたい。(Qは校長ほか、Yは山本さん)

Q:吹奏楽で活躍したということだけど楽器は何を?

Y:フルートです。

Q:フルートね。いつ頃から始めたの?

Y:小学校6年生の時からです。

Q:中学でも吹奏楽に入ってた?

Y:はい、入ってました。

Q:ということは、吹奏楽をやりたくて創英を目指したのかな?

Y:実は、公立が第1希望だったんですが、その希望が実現せず創英に入学しました。

Q:そうだったんだ。創英に入ってどんな気持ちだった?

Y:希望が実現できなくてくやしい思いがありました。でも創英に入ったからにはやはり好きな吹奏楽をやりたいと思って、吹奏楽部に入部しました。勉強も頑張って両立させようと考え、すき間時間なども活用して勉強しました。

Q:両立は大変だった?

Y:そうですね。最初は体力も気力も足りなくて、勉強も不十分だったと思います。

Q:部活をやめたいなんて思わなかった?

Y:やめたいとは思わなかったですね。最後までやりとげようと思ってました。

Q:いつ頃から軌道に乗った感じかな?

Y:やれそうと思ったのは2年の途中くらいからだと思います。吹奏楽部は試験1週間前から部活が休みになるので、試験前は勉強に集中できるようになりました。

Q:勉強と部活動を両立しようと生徒や保護者の皆さんに時々話すんだけど、実際には難しいこともあるでしょう? Y:私の場合、副部長をやり、進路では一般入試を目指したのですが、誰にも迷惑をかけたくなかったし、そのバランスのとり方はやはり難しかったです。

 

Q:受験対策ではどんなことを?

Y:2年生の3学期から、中学時代に通っていた近所の塾に頼んで、塾の自習室を使わせてもらうようにしました。

Q:え! 部活をやる人は最終下校時間が7時だよね。それから塾の自習室に行ったの?大変だったね。お腹も空いたでしょう。何時頃まで勉強したんですか?

Y:どうしてもお腹が空いた時は何か買って食べたりしました。遅い時は10時ころまで勉強しました。

Q:頑張ったんだね。えらいなぁ。そのほかにどんな勉強をした?

Y:私はチャレンジクラスを選んだので、皆でお互いに励ましあいながら取り組むことができました。2年の3学期から3年の2学期まで、0時限講座にもずっと出席して勉強しました。

(*チャレンジクラス 文理コースでは3年生になる時、一般入試を目指すクラスを編成する *0時限講座 受験対策のための早朝講座 7時20分~8時10分に実施)

Q:0時限講座は朝早いけど、何時頃家を出てきたのかな?

Y:6時頃には家を出てきました。

Q:家はどこ?

Y:栄区です。

Q:そうか。ところで、受験では推薦入試は考えなかったのかな?

Y:最初は考えたこともあったけど、高校入試のくやしさを晴らしたいという気持ちもあったし、自分の行きたいところに挑戦しようと思い一般入試を受けることにしました。

Q:好きな科目、苦手科目は何ですか?

Y:好きな科目は英語です。高校2年の7月には英検2級に合格しました。いまは準1級をとりたいと思っています。嫌いじゃないんですが、苦手なのは世界史です。やはり、人名・地名など覚えることの多い科目なので。

Q:英語の勉強には何か工夫した?

Y:洋楽を聞いたり、外国映画も吹き替えじゃない方を見たりしました。すき間時間で単語を覚える努力もしましたが、基本は授業で学んだことをしっかり身につけることを大事にしました。   (英語の担当の先生のコメント:英語の力は他の人より頭一つ、抜けてましたね。)

Q:立教を志望した理由は?

Y:交通の便のよいところにあるし、立教の社会学部は、フィールドワークなどが充実していて、視野の広い学びができると考え志望しました。

Q:将来の進路は?

Y:まだはっきりしていないけど、海外との交流などやってみたい気持ちがあります。分野としては観光や旅行などの関係に興味があります。

 

Q:高校2年の海外研修はどこへ行った?

Y:オーストラリアのブリスベンです。一人一家庭のホームステイを経験しましたが、思った以上に居心地のよいファミリーでとても楽しかったです。あと、高校2年の春休みに、吹奏楽部の行事でアメリカのディズニーワールド(フロリダ)へ演奏旅行へ行ったのも良い思い出になっています。

Q:ところで吹奏楽部の話にもどるけど、フルートの担当の人は何人くらい?

Y:20人くらいです。

Q:副部長は何人いるの?

Y:2人です。

Q:どうやって決めるのかな?

Y:部員全員からの意見をもとに決めました。

Q:山本さんは皆から信頼されているということなんだね。どんなところが苦労だった?

Y:部員の人数も多いし、いろいろな性格の人がいます。人間関係の問題もあるし、先輩・後輩のこともある。音楽面でも意見が違ったりすることもあって、そういうことを調整することに苦労しました。何か共通することなど見つけて解決できるようにしました。

Q:なるほどね。いま振り返ってみてどうですか? Y:苦労もあったけど、やってみて良かったなと思っています。

Q:部活の醍醐味は何ですか?

Y:やはり、演奏を通じて皆が一つになれるのが一番の魅力です。また演奏会などで観客の皆さんから温かい拍手を頂戴したり、良かったよと声をかけられたりする時は嬉しかったですね。

Q:創英での3年間を振り返ってどうですか?

Y:3年間のことは、部活抜きでは考えられません。勉強との両立を目指して、難しいこともあったけど先生や友人のサポートもあり何とかできたと思います。充実した3年間でした。

Q:後輩へのメッセージを。

Y:自分のやりたいことに全力で取り組んで3年間を過ごしてほしいと思います。 Q:尊敬する人はいますか? Y:尊敬する人は母ですね。 Q:では最後の質問です。好きな食べ物、苦手な食べ物は何ですか。

Y:めん類がすきです。苦手なのはお刺身かな。

Q:ありがとうございました。

*3月25日(月)18時から、県民ホールで吹奏楽部の定期演奏会があります。高校3年生にとっては最後のコンサートになります。山本さんももちろん出演します。楽しみにしてますよ!