2016.08.01夏休み、生徒大活躍

今日から早くも8月だ。夏休みに入って十日。生徒たちは大活躍している。 まずはバトン部。今日、バトン部の生徒たちが校長室に報告に来てくれた。中学バトン部は、7月28日に東京体育館で開催された全国中学校ダンスドリル選手権において初めて団体総合で優勝した。(ソングリーダー・ミディアム編成という部門で1位となり、さらに10を超える部門の中で最優秀である団体総合優勝に輝いた)全国から選ばれた37チーム、約460人の中学生の頂点に立った。そして個人で競うミスティーンダンスドリルチーム部門においても、中3の福岡幸優さんが昨年に続いて優勝し2連覇を達成!素晴らしい。本当におめでとう! 続いて高校バトン部は、29、30日に開催された全国高等学校ダンスドリル選手権大会2016において団体総合優勝を勝ち取った。(ソングリーダー・ラージ編成で1位となり、20を超える部門の中から団体総合優勝に輝いた)全国から参加の154チーム、約2500人の高校生の頂点に立ったということで本当に素晴らしい。おめでとう!中学と高校の両方が団体総合優勝というのは初めてのこと。中学も高校もダブルで日本一である。快挙であり、心より嬉しい。おめでとうございます。 次に高校男子サッカー部の活躍である。7月27日、広島広域公園第一球技場で、高校総体(インターハイ)の第1回戦が行われた。校長も朝早く出て応援に駆け付けた。第1回戦の相手は、沖縄の那覇西高校。試合は12時に始まり、前半、住田選手が1点を決めた。後半には高橋選手が2点目を決めた。2本とも鮮やかなゴールであった。そのまま試合終了。見事な勝利で、応援に行った保護者、先生方とともに大喜びを分かち合うことができた。そして2回戦。翌28日に米子北高校と対戦し、試合は1-1のまま終了。PK戦への突入したが、無念なことに4-5で惜敗した。本当に悔しい思いであるが、勝ち負けは時の運ということもある。全国のステージで十分に通用する力があることがわかったことは大きい。冬の選手権大会に向け、頑張ってほしい。選手の皆さん、御苦労さまでした。格好良かったです。保護者の皆様、寄付その他で応援いただいた皆様、ありがとうございました。 話の順番は逆になったが、中学1年生は7月21日から24日まで長野県の斑尾高原に3泊4日のアドベンチャースクールに行ってきた。校長も同行した。到着した日は、深い霧が出ていて、天候が心配されたが、日を追うごとに良くなってきて、計画どおりにプログラムを進めることができた。大自然の中での活動である。グループゲーム、ジップライン、ラフティング、テントづくりなどいろいろな活動に、生徒たちは熱心に取り組んでいた。今年の中1の生徒たちは、動きが良いと感じた。自然の良さを感じる、めったにできない活動を体験する、仲間と協力してミッションを達成する、といったことを体感してくれただろうか。都会では体験できないことを、楽しんでくれたのではないかと思う。