2015.11.04深まる秋

11月に入って秋も深まり、朝夕はだいぶひんやりしてきた。今日は快晴。秋晴れの気持ちの良い一日だ。まずは部活の活躍から。 男子ソフトテニス部では、平成27年度の神奈川県高校ソフトテニス年間ランキング表彰で、押見・野崎ペアが第一位、和泉・渡辺ペアが第二位に選出された。一年間の活躍の集大成であり、立派な成果である。本当におめでとう。 吹奏楽部は、名古屋で開催された全日本吹奏楽コンクールで銀賞を受賞。二年連続での全国出場の快挙だ。顧問の常光先生のお話:「全国に出るだけでも大変で、生徒たちはよく頑張った。最高の演奏でした」とのこと。皆さん、おめでとう。ご苦労さまでした。 中学バレーボール部(女子)は横浜中学校バレーボール大会新人戦で優勝。創部以来の初優勝である。よく頑張りました。おめでとう。 話は変わるが、先日、京都大学教授の溝上慎一先生のお話を伺う機会があった。溝上先生は、アクティブラーニング型授業の第一人者で有益なお話を伺えた。世の中では、色々な場面で発表することや説明することが求められており、そうした活動を授業の中で積極的に取り入れ、生徒の力を伸ばしてほしいという趣旨のお話であった。共感するところが多く、大変参考になった。本校においても「生徒が自ら考え、活動する授業づくり」を授業目標に据えて取り組んでいる。学びつつ進んでいきたいと思う。