2015.07.01ガルグィユのことなど

7月に入った。今日も朝から雨で、梅雨まっただ中という感じである。ところで、今日すなわち2015年7月1日には「うるう秒」の調整が行われた。具体的には、今日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を1秒挿入し、日本標準時刻に合うようにするということ。珍しい一日なのである。 昨日(6月30日)5時間目は、高校3年の選択科目「フードデザイン」の授業でゲストティーチャーを招いて授業を行った。ゲストは新横浜にあるフレンチレストラン「HANZOYA」社長の加藤英二さん。テーマは「盛り付けについて」。前半は、盛り付けについての医学的・文化的・政治的な観点からのお話や、盛り付けの決まり、バランス、食器などのお話。後半は、盛り付けの実際で、「ガルグィユ(温製野菜サラダ)」の盛り付けを実演していただいだ。加藤さんは「ここには80種類の野菜や食材があるんですよ」など解説されながら手早く盛り付けていく。生徒たちは興味津々で、前に出てきて実演台を取り囲むように加藤さんの技を見つめる。やがて完成。美しいガルグィユができあがった。やはりプロフェッショナルのお話には含蓄があるし、その技には見とれてしまうものがある。大変中身の濃い授業となった。加藤さん、ありがとうございました。 6月29日の放課後は、全教員が参加して授業研究協議を行った。その前の週、1週間にわたって各教科ごとに授業公開を行い、すべての教員が公開された授業を見た上での研究協議である。今年度の本校の授業目標「生徒が自ら考え、活動する授業づくり」に照らして、先生方の授業にはどんな工夫があったか、またより良い授業を実践するためにはどうしたらよいか、といったことが話し合われた。公開された授業では、グループワークやICTを取り入れた授業も多く、とても意欲的な姿勢が感じられたし、研究協議の場においても熱心な話し合いがもたれていた。こうした地道な取り組みの積み重ねが大切だと考えている。 本校では、地域貢献の一つとして地域清掃を行っている。中学から高校の全学年が学年ごとに時期を分けて実施している。この度、その活動実績が認められて、「ヨコハマ3R夢(スリム) きれいなまちづくり」に功績があったということで横浜市から表彰された。地元の大口連合町内会よりご推薦いただいたものです。ありがとうございました。 部活動では、女子ハンドボール部が県大会で優勝し(2年連続9回目)、高校総体出場決定。バトン部はダンスドリル選手権関東大会で、中学・高校ともソングリーダー部門で第1位となり全国大会出場決定。個人でも中高とも1位で全国へ。女子卓球部は県大会で4位。男子ソフトテニス部は国体選手として4名が選出。ダンス部は県大会で67校中7位入賞。皆さんよく頑張りました。