2015.01.19授業研究週間

3学期に入り、この土日はセンター入試が行われた。本校からも多くの生徒が受験し無事終了。大学入試もいよいよ本番だ。受験生の皆さんには、インフルエンザに気をつけて十分に実力を発揮してほしい。良い結果が出ることを心より祈りたい。 今週、本校では授業研究を行っている。各教科2名の教員が授業公開し、他の教員がそれを観察して、事後に研究協議を行うものだ。私も今日は生物と保健の授業を見た。それぞれに工夫があったと思う。授業において生徒をいかにアクティブな態度にすることができるか、授業中に意図的に「考える」プロセスを設定できるか、などがポイントになる。工夫が必要であり、スキルが求められる。ICTも含めた教材教具の活用なども気になる。より良い授業づくりに向けた取組みにはゴールはない。絶えざる精進が必要であり、その努力が学校の足腰を強くしていくのだと思う。 部活動では、男子ソフトテニス部が関東選抜大会で3位となり、3月に行われる全国選抜大会に出場することになった。女子ハンドボール部は、今月末に関東選抜大会に出場する。女子卓球部では、2年生女子が全国選抜大会女子シングルスに出場する。吹奏楽部は、県高等学校総合文化祭で1位(教育長賞)となり、夏の全国高総文祭へ出場することになった。また、県アンサンブルコンテストで金管と木管の2チームが東関東大会に出場する。児童文化部は、県高等学校総合文化祭で作文の部とプレゼンテーションの部でそれぞれ高文連会長賞を受賞。皆さん、おめでとう!