これからの社会で、
    必要とされる人であるために

    急激に進むグローバル化や、
    科学技術の発展に伴うロボットやAIの台頭により、
    社会は予想をはるかに超えるスピードで
    変化しています。

    学校で外国人の友達と一緒に授業を受けたり、
    レストランではロボットが受付をしてくれたり、あなたの周りでもきっと、
    変化が起こり始めているはず。

    「世界が近くなったら何ができるだろう?」
    「人間にしかできないことって何だろう?」
    変化し続ける社会の中で求められるのは、そうやって、自らに問いかけながら
    自分自身も変化し続けられるように自分で考え、判断し、決定し、行動できる力。
    それは言い換えると、
    自律心を持った人になるということ。

    未来を生きるあなたの「自らを律する」成長を
    サポートするため、
    横浜創英では、
    時代を見据えた新たなカリキュラムや行事、
    個性豊かな部活動など、様々な学びの場を提供。
    また、総合的な学習の時間では既に、
    思考力・判断力・表現力を盛り込んだ
    「生きる力」を育むプログラムを
    スタートさせています。

    自律心を持って、未来を創る人になるために。
    横浜創英で、自分の可能性に挑戦してみませんか。

    movie start

    • 学校長挨拶

      昨年4月から新型コロナウイルスの影響は日本全国の学校を困らせていますが、横浜創英でもすぐに対応して、わずか2週間でオンラインのHRや授業が行われるようになりました。今でも生徒・教員・保護者で連携を取り、どのような対応もできるような環境を作っています。2022年度、横浜創英はさらに大きく進化します。その象徴的な姿がサイエンスコース・本科コースの新設です。特にサイエンスコースについては、横浜創英初めての中高一貫コースです。横浜創英では、社会を当事者として生きていく子ども達を育てていきたいと思っています。
    • 横浜創英ならではの2コース制

      サイエンスコース

      本科コース

      楽しさも悔しさも、
      きっと、全力の先にある。

      体育祭は市内にある外部施設を2日間借りて行われる人気行事の一つです。
      中学1年生から高校3年生までの全クラスを4色に分け、リレーや綱引き、応援合戦など様々な競技を全力で取り組みます。
      中学生は全員で集団行動やダンスを披露。互いに助け合いながら一つの作品を創り上げることで、学年を超えた絆が生まれます。

      個性が溢れて、輝きで満ちる。

      2日間で7,500名以上の方が来場される創英の一大イベント「創英祭」
      グラウンドでは飲食の模擬店が開かれ、体育館ではダンス部や吹奏楽部のステージのほか中学3年生がパフォーマンスを披露。
      それぞれが本番に向けて協力し、生徒はもちろん地域の方にも成果を見ていただける、創英生が最も輝く行事の一つになっています。
    • 仲間とともに挑戦し
      続けることで生まれる絆。

    • 好きなことに
      夢中になれる自分が好きになる。

    • 明るい声が響く、
      学びに適した快適空間

      2020年夏に新館が完成し、現在グラウンド拡張工事を実施しています。学習と部活動。そのどちらにも熱中して取り組めるよう、横浜創英では綺麗で利便性の高い施設を用意し、生徒一人ひとりの学校生活をバックアップいたします。
      ぜひ、ドローン映像で新校舎の様子の一部をご覧ください。
    • バリエーション豊富な
      制服アイテムで自分スタイル

    • 募集要項について

      2022年度入試の募集要項がご覧になれます。

    横浜創英中学・高等学校Yokohama Soei Junior & Senior High School

    〒221-0004 神奈川県横浜市神奈川区西大口28番地
    Tel:045-421-3121 / Fax:045-421-3125