close

  • ホーム
  • 学校案内
  • 施設・設備
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報

高等学校について

進学実績

 

進路進学指導

将来の夢を見据えた長期ビジョンに基づくきめ細かな進路指導と、受験という大きな試練を突破するための実践的な進学指導

ステップを踏んだ進路進学指導

家庭との連携 三者面談・面談週間 など

教職員研修(AED研修など時代に合わせた適切な指導の研究) 入試動向研修会・公開授業 など

学習サポート

横浜創英には、学ぶ意欲と確かな学力を育むサポート環境があります。

■放課後講座

生徒一人一人の学力のさらなる向上をめざし、平日の放課後希望制で全学年補習授業を実施しています。検定試験対策や模擬試験対策、受験対策講座があります。このほかにも授業開始前の時間を利用して各教科で講座を実施するなど、大学受験対策を強化しています。

その他、検定(英語検定・数学検定など)の対策をする補習も行っています。

■サテネット講座・スタディサプリ

〈サテネット講座〉は、1~3年の特進コースと、3年の大学進学希望者を対象に行われている講座です。大手予備校である駿台予備学校の衛星放送授業を、校内で視聴します。高1の学習内容からセンター試験対策、ハイレベルな講座まで大学受験に必要な科目・内容に対応することができます。 〈スタディサプリ〉は、1~3年すべてのコースで希望者を対象に有料で行われている講座です。各自のスマートフォンや、家庭のパソコンで視聴します。小学校4年生の学習内容から復習できる科目もあり、基礎がためから受験対策まで幅広く対応しています。

■朝学習

基礎学力の定着をはかるため、朝のホームルームの時間を利用して朝学習の時間を設けています。国語(漢字・コラム)・数学(計算)・英語(単語・速読)など週3日程度実施します。

■特別講座

大学進学希望実現のため、夏期・冬期・春期の長期休業を利用して、豊富かつ多彩な講座を実施しています。 毎年夏期には多くの講座が設けられ、意欲的に生徒が参加しています。
学年 教科 朝学習 夏期特別講座 冬期特別講座 春期特別講座
1年生 国語 漢字・語彙 ハイレベル 古典講読(用語・助動詞) ハイレベル 古典講読(助動詞) ハイレベル 古典講読(敬語)
ベーシック 用語の復習 ベーシック 助動詞の復習 ベーシック 助動詞の復習
数学 基礎計算 ハイレベル (場合の数と確率・ 2次関数) ハイレベル (三角比) ハイレベル (複素数)
ベーシック (場合の数と確率・ 2次関数) ベーシック (三角比) ベーシック (ⅠAのまとめ)
英語 単語・速読 ハイレベル 文法・読解 ハイレベル 文法・読解 ハイレベル 文法・読解
ベーシック 文法(中学の復習) ベーシック 文法・読解 ベーシック 文法・読解
理科   物理基礎 力学の復習 物理基礎 熱力学と波動 物理基礎 全体の復習
化学基礎 物質量の計算 化学 (実践講座) 化学基礎 酸化還元の復習
    生物基礎 全体の復習
2年生 国語 漢字・語彙 ハイレベル 古典講読(総合) ハイレベル センター対策(現代文) ハイレベル センター対策(古典)
ベーシック 敬語の復習 ベーシック 副詞・助詞の復習 ベーシック 識別
数学 基礎計算 ハイレベル (三角関数・ 図形と方程式・数列) ハイレベル (微積分) ハイレベル (ⅠAⅡBのまとめ)
ベーシック (図形と方程式・数列) ベーシック (三角関数) ベーシック (ⅠAⅡBのまとめ)
英語 単語・速読 ハイレベル 文法・読解 ハイレベル センター対策 (文法中心) ハイレベル センター対策 (読解中心)
ベーシック 文法・読解 ベーシック センター対策 ベーシック センター対策 (文法中心)
理科   物理基礎 物理基礎 物理基礎
化学基礎 化学 生物基礎
生物基礎    
地歴   世界史講座 世界史講座 世界史講座
日本史講座 日本史講座 日本史講座
3年生 国語 漢字・語彙 私大入試問題演習 (現代文・古典) センター直前対策  
数学 基礎計算 (理系のみ) 数学Ⅲ演習
センター対策 (ⅠAⅡB)
英語 単語・速読 入試対策 (難関大レベル)
入試対策 (中堅大レベル)
理科   物理演習(受験対策)
化学演習1(受験対策)
化学演習2(受験対策)
生物演習(受験対策)
地歴 公民   政治経済講座
世界史講座 世界史講座
日本史講座 日本史講座

■実力テスト

日頃の学習の成果をためすため、本校ではベネッセコーポレーションによる実力試験を実施しています。1・2年生は、4月と9月にスタディサポート、6月、7月、9月に進研模試を実施しています。さらに外部の模擬試験情報も提供しています。

進路・進学指導

1年次

■職業研究

早い時期から将来の職業を考えさせるため、入学時より職業を考える機会を与え、3学期には情報の授業を活用しプレゼンテーションができるまでに指導します。また、総合の時間を活用し、様々な角度から職業について考え、グループで意見交換や発表を行うことで、社会は様々な仕事に取り組んでいる人と人の繋がりでできていることを学びます。

■キャリアガイダンス・進路講話会

実際に社会で活躍されている方々から「社会にできること」「働くということ」など進路全般についての話を伺います。

■オープンキャンパス・進路相談会への参加

実際に大学のキャンパスの様子を肌で感じることで、目標を具体的なものとし、学習のモチベーションを高めます。また大学を比較研究できるようにチェックシートを用意し、夏休みと春休みの課題にしています。

2年次

■分野別講話会

大学の先生方に本校に来ていただき、各学部・学科で学ぶ内容の説明を受けます。これによって自分が学びたい分野がどこの大学・学部・学科かを知ることができます。

■大学教授による模擬授業

さまざまな分野の大学の先生方に、実際に行われている大学の授業をしていただきます。 大学での授業のレベルの高さ・深さを実際に体験することで、大学への憧れを強め、受験生としてのモチベーションを高めます。

■卒業生と高校3年生による合格体験談

その年の大学受験が終わった頃に、難関大学に合格した先輩達に受験勉強についての話をしてもらいます。またすでに大学生である先輩にも実際の大学生活や授業について話をしてもらいます。同じ高校で学び、勉強や部活動を両立させて合格した先輩達のアドバイスは大変参考になります。気軽に質問ができるのも利点です。

3年次

■MARCH入試説明会の実施

1学期にMARCHを中心とした生徒向けの大学入試説明会を実施し、入試の情報を提供することで、合格に向けた意識づけを行っています。MARCHそれぞれの大学を文系・理系に分けて10講座とし、入試動向と各教科の問題・分析・対策を内容とします。学年の枠を超えて実施しているため、特に2年生の進路に対する関心が強まり、早期からの意識づけに役立っています。MARCHの入試説明会に出席することによって、MARCHを身近に感じるとともに可能性を高めさせ、MARCHを受験する仲間がこれだけいるという一体感を生み出しています。

■入試形態に合わせた進学指導

受験方法が多様化している現在、各生徒に最も適した受験方法で志望校に確実に合格させることが必要だと考えます。その為に本校では、教科指導のみならず、小論文指導、面接指導、プレゼンテーション指導など、きめ細かに行っています。 またAO対策委員会を組織し、様々な課題にも対処できるようにしています。

進路決定サポート

■進路の手引き

毎年4月に発行している「進路の手引き」には、3年間の進路の流れ、大学の入試方法、学習方法、過去3年間分の大学合格実績、指定校一覧などが載っています。また、定期試験2週間前の学習計画表や長期休暇の計画表なども書き込めるようになっており、進路の行事があるたびに利用できるようになっています。

■合格体験記

前年度卒業生の入試体験談をまとめた新聞を全校生徒に発行しています。

進学実績

2017shingaku

卒業生の声

Aさん 青山学院大学 教育人間学部入学 特進コース卒業

もともと心理学には漠然とした興味を抱いていましたが、創英でカウンセラーの先生の存在を知り、大学は臨床心理学系の学科を中心に受験したんです。ただ、心理学はとても多様な学問なので、哲学系から臨床系まで幅広くカバーしていることも考慮しました。また、臨床心理士の資格取得も考え、大学院への進学も視野に入れています。受験についてのアドバイスはとにかく早め早めに準備すること。勉強面はもちろん、大学見学なども精神的に余裕のない3年時よりも、1・2年時にすませておくことをオススメします。

Bさん 東京理科大学 理学部入学 特進コース卒業

実は中学受験で私立、高校受験では公立と、第一志望の学校に落ち続けて創英に来ました。原因は自分の力不足と勉強不足。いつも「これくらいでいいや」と甘い考えだったことはわかっていたので、高校3年間は自分に厳しく、大学受験をリベンジの機会にしようと思っていたんです。自分なりの工夫は、勉強に集中するためサテネットなどを活用して学校にいる時間を増やしたこと。特進の授業は中身が濃いですし、家では受験前も2~3時間の自習で充分でした。大学では好きな数学とコンピュータをしっかり学ぶつもりです。

Cさん 青山学院大学 文学部入学 特進コース卒業

先生と生徒の距離が近く、個人の進路に合わせた面接指導など、きめ細かなサポートをしてくれることが創英の大きな魅力。中学時代から英語に興味があって、受験も英語教育に強い大学を選びましたが、そこではネイティブの先生から受けたマンツーマンの指導がすごく役に立ちました。中学・高校生活を通して得た一番の財産は「経験」。特に特進コースの仲間たちと過ごす中で知った「勉強する楽しさ」と「諦めずに少しずつコツコツとやることの大切さ」は、これからの大学生活にもきっと生かせると思っています。

Dさん 明治大学 国際日本学部入学 文理コース卒業

高校の3年間はまさに部活動中心。文化系の中の体育系と言われる吹奏楽部なので、勉強との両立は大変でしたが、最後まで文理コースで頑張ったことは大きな自信になっています。志望大学の方向性は「国際系」。高1の時、部活動でドイツとチェコへ演奏旅行をする機会に恵まれ、海外の人々との交流や異文化に興味を持ったんです。国際日本学部は私たちが3期生の若い学部で、海外の文化と日本の文化を同時に学ぶユニークな学部。大学では文化だけでなく語学や国際ビジネスについても幅広く学んでいこうと思っています。

Eさん 早稲田大学 文学部入学 特進コース卒業

私は高校一年の冬に自分が興味のある学部は何だろうと考え、文学部か法学部に進もうと思いました。そして結果的に文学部に合格することが でき、やはり大切なことは、やはり段階で目標を決め、それに向かって科目などを取捨選択しながら勉強することだと実感しました。私は最後まであきらめずに入試に挑み続けたので、精神的な強さも受験に必要であると思っています。

  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 学校案内